220日から23日、ヴー・ホン・ナム大使が中国地方経済の一つの柱である岡山県及び関西の「農場」である和歌山県を訪問した。

伊原木隆太岡山県知事と仁坂吉伸和歌山県知事と会談した。両氏は2015年直接自らの目で確かめた近年ベトナムの急激な発展に印象づけられ、今後ともベトナムと貿易、投資、観光、留学生・実習生の受け入れ等様々な分野で協力関係を促進させていきたいと述べた。また、県内のベトナム人が住みやすいよう、サポートすることも約束した。ナム大使は岡山県や和歌山県と親密に交流し、潜在力のある分野の推進に力を入れていきたいことを強調した。さらに、両氏が再びベトナムを訪問するよう期待している。

今回の訪問で、223日、ナム大使は二階俊郎幹事長の故郷である和歌山県御坊市において、政府を代表し、二階氏の亡き妻怜子さんを偲ぶ会に参列し、ベトナム幹部から冥福を祈る言葉を伝え、別れを惜しんだ。

また、220日には岡山県において、ベトナム―日本に関するセミナーでベトナムの労働者について講演し、将来的にベトナムの実習生を受け入れたい組合や企業の約250名が参加した。

 

ヴー・ホン・ナム

駐日ベトナム大使

ページビューの合計数1863406